あごにシリコンを注入前に覚えておきたいこと

あごや輪郭などのシルエットは、顔の印象を大きく変えることが出来る要素です。フェイスラインがシャープになるだけで、顔の印象がすっきりとして見えたり、スタイルも良く見えるという効果があります。フェイスラインの変化を求める人には、自分でダイエットなどを行うことも出来ますが、骨格に問題がある場合などには美容整形手術が効果的です。顔全体のバランスをみて、フェイスラインをすっきりとさせるだけでなく、あごにシリコンなどを注入することによって、よりシャープなラインを作ること出来ます。フェイスラインを整えることによって、小顔効果が期待できるだけでなく、落ち着いた雰囲気になったり、顔だけでなく全体的なスタイルが良く見えるという効果も期待できるものです。

フェイスラインを変える美容整形手術

フェイスラインを変える美容整形手術の方法はいくつかあります。もとの顔の状態によって最適な手術方法は異なります。脂肪がついているだけの状態であれば、脂肪溶解注射によって、脂肪を溶かしてしまうことで症状を改善することができます。脂肪の量が多い場合や、脂肪溶解注射での効果が薄い場合には脂肪吸引なども可能です。また骨格に問題がある場合には、骨削りなどの方法を併用することもあります。エラや頬骨などの飛び出している部位を削ることで、すっきりとしたフェイスラインにすることができます。余分な脂肪や骨を調節することで、すっきりとしたフェイスラインとなりますが、あごにはシリコンなどを使ってポイントを作ることで、よりきれいなフェイスラインの形成を行うことができます。

美容整形手術をする前の注意点とは

フェイスラインを形成する美容整形手術だけでなく、美容整形手術においてはリスクがつきものです。少しでもリスクを軽減するためにも、信頼できる医師選びを行うことが大切です。特にフェイスラインの美容整形手術はバランスがとても重要になってきます。少しの変化によって仕上がりの状態が大きく変わります。正しい判断をすることが出来る医師による手術が必要です。フェイスラインの形成においてシリコン注入などで、全体的なバランスを整えていくこともありますが、注入場所や注入量についてもしっかりと話し合い、仕上がりのデザインの打ち合わせをしておくことが大切です。きちんとした医師であれば、カウンセリングが丁寧に行われ、希望する仕上がりのデザインの打ち合わせもしっかりとすることが出来ます。