あごにシリコンを注入する前の注意点

最近多いのが、小顔になりたいという人です。顔の大きさは個人差が大きいものですが、顔が大きく見えてしまう原因には輪郭が大きく関係しています。特にあごにかけてのラインがきれいに出ているかどうかという点はとても重要です。フェイスラインを綺麗にすることで、小顔効果が期待出来たり、全体的なイメージが痩せて見えるという効果もあります。フェイスラインをすっきりとするために効果的なのが、美容整形手術です。フェイスラインの形成手術の方法はいくつかありますが、それぞれ注意したい点もありあす。あごの周りをすっきりとさせて、シャープなラインを作るためにはシリコンの注入も効果的です。シリコン注入をするときには、安全性なども考慮して、慎重に行いましょう。

小顔になるための美容整形手術の種類

小顔効果が期待出来る美容整形手術の種類としては、元々の状態によって最適なものが異なります。脂肪によってフェイスラインが崩れてしまっている場合には、脂肪溶解注射などによって脂肪を取り除くことが効果的です。脂肪溶解注射であれば、メスを使わずに行うことができるという手軽さもあります。しかし、効果が小さかったり、時間とともに効果が吸収されてしまい、元の状態に戻ってしまう場合があります。メンテナンスを行う必要があるものです。エラが張っていたり、頬骨が出ているなどの骨格の問題がある場合には骨を削る手術が必要な場合もあります。フェイスラインをすっきりとした状態にしたら、あごをとがらせた状態にすると、よりすっきりとしたフェイスラインになるので、小顔効果が高まります。

大切なことは信頼できるクリニック選び

あごの形の調節には、シリコン注入や軟骨の移植が一般的です。軟骨の移植は、大幅なデザインの変更が可能となりますが、小さな変化で充分な場合にはシリコン注入でも効果が実感できます。注入には注射を使用して行うので、皮膚の切開が必要なく、傷跡などのリスクを回避することが出来ます。軟骨移植よりも自然な仕上がりとなるので、ナチュラルな雰囲気に形成したい場合にはおすすめです。しかし、手術においては医師の知識や技術力が必要になります。正しい判断をしていない場合には、手術後に効果が実感できなかったり、希望していた仕上がりにならないというトラブルも起こります。未熟な医師の場合には、傷跡が残ったり左右非対称となったり仕上がりの状態に問題が起こります。医師の技術力のある信頼できるクリニック選びをすることがとても大切です。